商標ナレッジ 本文へジャンプ
商標を知る


商標権と産業財産権(工業所有権)・知的財産権(知的所有権)との違いは?

知的財産権(知的所有権)は、商標権を含むいくつかの権利からなる産業財産権(工業所有権)に、さらにいくつかの権利などを併せて総括した名称です。
つまり、産業財産権(工業所有権)には、商標権のほかに、発明に対する特許権、考案に対する実用新案権、意匠に対する意匠権が含まれます。
そして、知的財産権(知的所有権)には、産業財産権(工業所有権)のほか、著作物に対する著作権や、不正競争防止法で保護される商品等表示・商品形態・営業秘密等も含まれます。

商標と発明・考案・意匠との違いは?

花瓶の場合、今までなかったすべりにくい持ち手の構造を考え出せば、それは発明や考案に該当します。
今までなかった持ち手のデザインを考え出せば、それは意匠に該当します。花瓶の名称やマークをつければ、それは商標に該当します。

商標に関する法律は?

商標は、商標法や不正競争防止法で保護されています。
なお、商品(サービス)につけるマークとしてではなく、美術作品のような著作物として著作権法で保護される場合もあります。

商号は登記しておけばOK?

商号とは、株式会社○○○のように、商人が営業上自己を表示するために用いる名称等を意味します。

商号は登記しても住所地が異なれば、同じ商号でも他人に登記が認められます。
これに対し、商標は登録すれば、日本全国において他人の登録を排除でき、使用も阻止できます。
なお、商号も、自分の商品(サービス)のマークとして使用する場合には商標に該当しますので、登記だけでなく、商標登録されることをお勧めします。

どんなものが商標となり得るの?

商品を区別する商品名、サービスを区別するサービス名だけでなく、会社を区別する会社名(商号)、店を区別する店名(屋号)、サイトを区別するサイト名、シリーズを区別するシリーズ名などもそうです。

また、文字に限られず、ロゴや図形などでもよいことになっています。特殊ですが、容器や広告人形のような立体的形状も商標の1つとされる場合があります。キャラクターやマスコットなども商標となり得ます。
つまり、他人の商品(サービス)と区別させるものは、あらゆるものが商標となり得るのです。

サービスマークとは?

サービスマークとは、自分の役務(サービス)につける標章(マーク)を意味します。

他人のサービスとの区別させるためのものです。もちろん、商標登録することもできます。なお、以前は「商品」につけたマークのみ商標登録できたのですが、現在では「サービス」につけたマークも商標登録できるようになっています。

商標とは?

商標とは、自分の商品(サービス)につけるマークを意味します。

他人の商品(サービス)と区別させるためのものです。文字・図形・立体的形状等、他人と区別できるものは商標になります。なお、特許庁に登録された商標を「登録商標」として区別しています。

商標をざっくり説明すれば?

商売の「商」と標識の「標」が組み合わさった言葉と考えれば、分かりやすいのではないでしょうか?

つまり、商(あきない)の標(しるし)です。あきない(ビジネス)の場面ではいろいろなしるし(マーク)を見つけることができます。あるマークを見て「あっ、A社の商品名だ」、「これは、B社のキャラクターだ」と感じたことがあるでしょう。ざっくり説明すれば、そのようなマークが商標なのです。



 

©2011商標ナレッジ. All Rights Reserved.