商標ナレッジ 本文へジャンプ
商標を活かす


商標権は海外でも通用するの?

商標権は日本国内においてのみ、その効力が認められます。
海外では国・地域ごとに法制度が異なりますので、それぞれの法制度にしたがって権利を取得する必要があります。
なお、商標専門弁理士が運営するナレッジコンダクトのサイトhttp://www.knowledgeconduct.com/では、海外商標登録サービスを提供していますので、詳しくはお問い合わせください。

他人から商標権を侵害している旨の警告を受けた場合の対処方法は?

まず、警告の内容が正しいか分析することが大事です。
つまり、警告した他人が商標権者か、商標権が存在しているか、自分の行為が他人の商標権の範囲に含まれるものなのか確認することが必要となります。
その上で警告に対する回答、相手方が提起する訴訟に対する準備や和解交渉等の措置をとることが考えられます。
どのように対処するかは事案によって相当異なりますので、弁理士等に相談されることをお勧めします。

他人が登録商標を指定商品(指定役務)以外のものに使用した場合は、保護を受けられないの?

指定商品(指定役務)に似ている商品(役務)に使用されていれば、商標権の効力が及びますが、似ていない商品(役務)に使用されていれば、商標権の効力は及びません。
なお、登録商標が著名になっている場合、同じ商標を指定商品(指定役務)に似ていない商品(役務)について防護標章登録することも考えられます。

商標権が侵害されていると思っても、気をつけたほうがいい場合は?

他人が日本国内において指定商品(指定役務)の範囲内で登録商標に似ている商標を無断で使用していたとしても、他人の使用を排除できない場合があります。
例えば、荷役機械器具を指定して商標登録された「アスカレーター」が、「エスカレーター」と似ているとします。この場合、階段が動く機械の名前として認識されている「エスカレーター」を使用できないとするのは行き過ぎですから、他人が階段の動く機械の名前として「エスカレーター」を使用することは認められます。

他人が登録商標を指定商品(指定役務)に使用した場合の対処方法は?

まず、相手方である他人に内容証明郵便等で警告することが望ましいです。
その後、他人の使用を差し止めるための訴訟、損害の賠償を求める訴訟や和解交渉等の措置をとることが考えられます。
どのように対処すべきるかは事案によって相当異なりますので、弁理士等に相談することをお勧めします。
なお、例えば、商標専門弁理士が運営するナレッジコンダクトのサイトhttp://www.knowledgeconduct.com/から相談を受け付けています。

同じような商標を複数登録することは?

例えば、アルファベットで表した登録商標に対し、同じ呼び名のカタカナで表した商標を登録したり、同じ商標について指定商品(指定役務)を変えて登録したりすることは可能です。
なお、複数の指定商品(指定役務)について登録して商標権を取得した場合、指定商品(指定役務)ごとに複数の商標権に分割することも可能です。

登録商標についてロゴ等を変更した場合、変更後のロゴ等も権利範囲に含まれるの?

色を変更したり、明朝体からゴシック体にフォントを変更したりするような軽微な変更の場合を除き、新しい商標として別途登録したほうがいいでしょう。

商標権が取り消されてしまうことはあるの?

登録商標を3年間日本国内において指定商品(指定役務)に使用していない場合、他人から不使用取消審判を請求され、商標登録が取り消されることがあります。
また、登録要件を満たしていないとして他人からの登録異議の申立てや登録無効審判の請求により、商標登録が取消しや無効となることもあります。

商標登録の更新にかかる費用は?

特許庁への費用は、例えば、1つの区分におさまっている場合、更新登録料48,500円(10年分)となります。
2つの区分にまたがる場合、登録料97,000円(10年分)となります。区分を減らして更新することもできますので、手続きの仕方によって金額は変わってきます。
なお、商標専門弁理士が運営するナレッジコンダクトのサイトhttp://www.knowledgeconduct.com/では、区分を選び方に対するアドバイスも含め、弁理士費用を設定し、更新手続きサービスを提供しています。弁理士費用を含む総額についてお知りになりたい方はお問い合わせください。

商標登録の更新はどんな手続をするの?

更新の手続きができる期間内に商標権存続期間更新登録申請書を特許庁に提出します。同時に更新登録料を納付すれば、商標登録が更新されます。

商標登録の更新はいつ頃から準備したほうがいいの?

期限からさかのぼって6ヶ月前から更新の手続きができますので、そのあたりから準備されることをお勧めします。

商標登録の期限について特許庁からの通知はあるの?

自動車免許のように更新の通知があれば便利ですが、商標登録の期限については、今のところ特許庁からの通知はありません。
期限管理されることをお勧めします。

商標登録の期限は?

期限は登録日から10年です。ただし、半永久的に更新することができます。
なお、登録料は、10年一括で納付することも、5年ごとに分割して納付することもできます。

登録後に商標に関する権利は譲渡できるの?

商標権の移転の登録をすることにより譲渡が可能です。特許庁には移転登録申請書や譲渡証書等の書類を提出することが必要となります。

「R」マークや「TM」マークの意味は?

「®」マークは登録済を意味する「Registered」の略です。「®」マークは、米国法に基づくもので、日本法には特に定めがありませんので、日本では商標登録されたことの表示として慣習的に用いられているといえるでしょう。
また、「TM」マークは商標を意味する「trademark」の略です。「TM」マークは、日本法にも米国法にも特に定めがありませんので、主観的に商標だと思ったものに用いられているといえるでしょう。

商標登録されたことの表示方法は?

商標法上は商標登録である旨の表示とあり、具体的には「登録商標」の文字及びその登録番号とされています。
よって、「登録商標 第○○○○○○○号」というのが本来の表示方法と思いますが、例えば横書きの文字商標の右上に「®」マークをつけて商標登録であることを表示する方法が慣習的に行われています。

商標登録されたことは、どう確認するの?

登録証が発行されますので、それで確認できます。また、商標公報や原簿でも確認できます。



 

©2011商標ナレッジ. All Rights Reserved.